BLOG

キャンピングカーと乗用車の車検の違いとは?

キャンピングカーと乗用車の車検の違いとは?

アウトドアで大活躍するキャンピングカーは、車体の大きさや設備が普通の車とは違います。
そのため、普通の車に比べて車検の費用と手間がかかるイメージを持っている人もいると思います。
「キャンピングカーを買いたいけれど、車検が面倒そうで買えない…」と考えている人もいることでしょう。
今回は、そんなキャンピングカーの車検についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

キャンピングカーの車検はナンバーによって変わる

実は、「キャンピングカーだから車検はこのような内容」と言うわけではなく、車検の内容は車のナンバーによって変わってきます。
キャンピングカーの主なナンバーは、以下のように分類されます。
・1または3(長さ4.7m・幅1.7m・高さ2m・排気量2000㏄のいずれかを超過している)
・4または5(長さ4.7m・幅1.7m・高さ2m・排気量2000㏄すべて基準以下)
・8(乗車定員の3分の1以上のベッドがある・10L以上の貯水排水施設がある・炊事施設がある・室内高1,600mm以上の全てを満たしている)

8ナンバーのキャンピングカーの車検

8ナンバーの車は『特殊用途自動車』という分類をされており、ベースとなる車両をさまざまな用途に対応した改造を施した車のことを指します。
救急車や消防車、警察車両なども8ナンバーに当たります。

8ナンバーのキャンピングカーは構造要件チェックがある

8ナンバーのキャンピングカーは、細かい要件をクリアしている必要があります。
先ほどもご紹介しましたが、
・乗車定員の3分の1以上のベッドがある
・10L以上の貯水排水施設がある
・炊事施設がある
・室内高1,600mm

そのため、車検では通常の車検で行う確認内容はもちろんのこと、車内の設備が構造要件を満たしているかどうかをひとつひとつチェックしていきます。
たとえば、取り外し可能なコンロや給排水タンクを搭載し忘れて車検に行ってしまうと、不合格になってしまうので注意が必要です。
8ナンバーの車検は、乗用車よりも条件が厳しいため、車検前にきちんと確認しておきましょう。

そのほかのキャンピングカーの車検

そのほかのナンバーのキャンピングカーの車検内容は、普通の車と変わりありません。
・外観、構造要件、同一性
・スピードメーター、ブレーキ、エンジンルーム、排気ガス、ヘッドライト、ラジエーター
・下回り
などのチェックを行います。

ただし、1ナンバーと4ナンバーは貨物自動車に区分されます。
そのため、車検のタイミングはどちらも初回2年以降1年ごとになります。

キャンピングカーの車検費用

次に、キャンピングカーの車検費用について見ていきましょう。
車検のときにかかる費用は、車検にかかる『車検基本料』と、車検の時に更新する必要がある『法定費用』自賠責保険と重量税です。
車検基本料は乗用車と大きく変わらないので、ここでは法定費用についてご紹介していきます。
表にまとめると以下のようになります。(2019年12月時点)

ナンバー 自賠責保険料
(24ヶ月)
重量税
(24ヶ月)
車検の期間
軽自動車 25,070円 6,600円 初回3年以降2年ごと
1 47,940円 13,200円 初回2年以降毎年
3 25,830円 32,800円 初回3年以降2年ごと
4 34,700円 13,200円 初回2年以降毎年
5 25,830円 32,800円 初回3年以降2年ごと
8 30,210円 16,400円 初回から2年ごと

キャンピングトレーラーも車検が必要

キャンピングトレーラーは、車に牽引してもらうので自走はしませんが、こちらも車検が必要となります。
車検期間は軽トレーラーが2年ごとで、普通トレーラーは初回以降1年ごとの更新となります。
点検内容は、テールランプなどの装備点検が主になります。
また、牽引する車を車検証に記載する必要がありますので、登録を忘れないようにしましょう。
重量が750kg未満のトレーラーの場合は牽引免許が必要ありませんので、軽自動車のキャンピングカーと組み合わせて使う人も増えてきています。

キャンピングカーの車検は8ナンバーのみ注意

以上、キャンピングカーの車検について見てきました。
ほとんどのキャンピングカーの車検内容は普通の車と変わらないので、そこまで心配をする必要はございません。
ただし、8ナンバーのみ、特殊用途自動車としての構造要件チェックがあるので注意が必要です。
覚えておいてくださいね。

キャンピングカーの車検は専門店に頼むと安心

キャンピングカーの車検は、ビルダーやキャンピングカー専門店で行うことをオススメします。
なぜなら、車検はあくまでも「自動車が保安基準に適合している」ということを確認するためのものでしかないからです。
普通の車であれば、この要件を満たしていれば問題はありません。
しかし、キャンピングカーは長距離のドライブや道の悪い山の中を長時間走行することもあります。
そのため、キャンピングカーを熟知した業者で点検を受けないと、思わぬ事故に繋がることがあるのです。
少し値段は高くなりますが、安全な旅のためにも、専門の業者で車検を行ってくださいね。
もちろん、当社でもキャンピングカーの車検をおこなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧

Camper Assist Instagram

キャンパーアシストのInstagram

NEW POSTS