BLOG

キャンピングカーに家庭用エアコンとリチウムイオンバッテリーを搭載することで快適な車旅が可能

キャンピングカーに家庭用エアコンとリチウムイオンンバッテリー搭載することで快適な車旅が可能

「キャンピングカーに家庭用エアコンがある」
これだけで、キャンピングカーでの「くるま旅」が快適になることは間違いありません。

今やキャンピングカーには、家庭用エアコンが必需品といえます。
旅行先での仮眠はもちろん就寝時や、お風呂上がりのクールダウンなど、家に居るときと同じように使用したいものです。

家庭用エアコンを搭載するには電源供給が必要

ところが、キャンピングカーへの家庭用エアコン搭載を実現するには、電源の供給が必要です。
多くの事例では、昼間で2時間・夜で3時間程度しか利用できません。
そのため外部電源、もしくは、発電機に頼ることになります。

リチウムイオンバッテリーが活躍

もう一つは、リチウムイオンバッテリーによる長時間の使用を実現するシステムです。
当社は、このリチウムイオンバッテリーシステムと、それを急速に充電することができる発電機との連携を実現可能にして実績を積み上げてきました。
昼間にリチウムイオンバッテリーを充電しつつ目的地まで到達し、夜は家に居るときと同じように家電製品を使っても大丈夫という理想のシステムです。

発電機を夜に使用するのはタブー

発電機を夜に使用するのはタブーです。そして、外部電源の取れないところも多くあります。
当社のシステムは、そんな状況を打破しました。夜の間も静かに冷蔵庫もエアコンもヘアドライヤーも電子レンジさえも時間を気にせず使用可能です。

ソーラーシステム(太陽光発電)という選択も

加えて、ソーラーシステムはバッテリーの劣化を防ぐ役割で使用すれば最高の組み合わせです。
発電機を動かす燃料は車のガソリンタンクからの供給で賄えます。車内からスイッチ操作だけで簡単に安全に快適なキャンピングカーライフが送れるようシステム化できました。

キャンピングカーに家庭用エアコン・まとめ

  1. キャンピングカーに家庭用エアコンを搭載すると、家に居るような生活ができる
  2. 家庭用エアコン搭載には、電源供給が必須
  3. リチウムイオンバッテリーがおすすめ
  4. 夜は発電機の使用を控える
  5. ソーラーシステムでバッテリー劣化を防ぐことも可能

キャンパーアシストでは、家庭用エアコンの室外機を車体の下部へ搭載し、居住スペースを圧迫しないための工夫をしています。
家庭用エアコン搭載のキャンピングカーをお探しなら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧

関連記事はありません。

Camper Assist Instagram

キャンパーアシストのInstagram

NEW POSTS

BLOG ARCHIVE